矯正歯科治療

マウスピース型矯正装置「インビザライン 」

インビザライン矯正とは?

「インビザライン・システム」は米国アライン・テクノロジー社が1999年に米国の矯正歯科医師を対象に提供を始めたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置です。透明で目立ちにくく、取り外し可能な矯正装置として、2017年12月現在、世界80ヶ国以上の国々で使用されています。そしてこれまでに全世界で500万人を超える患者様が治療を受けられ、世界一の治療実績を誇るマウスピース矯正です。

透明素材のマウスピースで目立たず、そして取り外しができる矯正治療です。
「歯並びは治したいけど、矯正治療は痛いし、目立つし、面倒だから。。」と治療をためらっている方でも、マウスピース型の「インビザライン」なら安心して治療が受けられます。
インビザラインなら、豊富な治療経験と実績をもつKS歯科富山にご相談ください。

  • インビザラインのマウスピースは透明なので装着していても目立たない
  • 矯正治療中でも、口元を気にせず歯を見せて笑うことができる
  • 営業職や接客業など人前に出る機会の多い方にオススメ
  • 簡単に取り外せるので、矯正前と同じように食事を楽しむことができる
  • 歯磨きも今までと同じように行うことができる
  • マウスピースは丸ごと洗浄できるので、いつでも清潔に保てる
  • 金属を使用しないので、金属アレルギーが心配な方にも安心

インビザライン矯正で注意すること

マウスピース矯正で失敗する一番の理由は、装着時間を守らないことによるものです。装着時間を守る自己管理ができないと、矯正装置を外すことができることが最大のメリットであるマウスピース矯正は治療が進みません。特に、ご本人が積極的に矯正治療に取り組む姿勢がない場合には、インビザライン矯正はお勧めできる治療方法ではありません、ご両親に言われて仕方が無く矯正治療をしているお子様にこの失敗が起こりやすいです。

最近、増加している失敗例としては、インビザライン矯正では治療が難しい症例を、経験の浅いドクターや矯正専門医でないドクターやが、無理にインビザラインで治療したことによるものです。ワイヤーを用いた矯正も、インビザラインも、それぞれ得意・不得意があります。インビザライン・ドクターによる正確な診断と適切な治療計画が特に重要で、従来のワイヤー矯正とは異なる特別な知識と技術が必要です。インビザライン矯正ならどの歯科クリニックで治療を受けても同じだと思われがちですが、ドクターによって治療の効果は大きく異なりますので、インビザライン矯正で失敗しないために医院選びはとても大切です。

KS歯科富山では、歯科医療先進国アメリカで行われているように、予防、補綴、矯正、歯周病の専門家がチームを組み、総合的な歯科治療を行えることが強みとなっています。

費用について

ワイヤー矯正

標準料金 ¥650,000 ~ ¥1,050,000
治療期間 1年~3年
治療回数 12~36回
リスク/副作用 準備中

※相談・検査・診断・治療までの標準料金

裏側(リンガル)矯正

標準料金 ¥1,100,000 ~ ¥1,300,000
治療期間 1年~3年
治療回数 12~36回
リスク/副作用 準備中

※相談・検査・診断・治療までの標準料金

ハーフリンガル矯正

標準料金 ¥900,000 ~ ¥1,200,000
治療期間 1年~3年
治療回数 12~36回
リスク/副作用 準備中

※相談・検査・診断・治療までの標準料金

マウスピース矯正

標準料金 ¥300,000 ~ ¥1,300,000
治療期間 6ヵ月~3年
治療回数 6~36回
リスク/副作用 準備中

※相談・検査・診断・治療までの標準料金

ハイブリッド矯正

標準料金 ¥900,000 ~ ¥1,200,000
治療期間 6ヵ月~3年
治療回数 6~36回
リスク/副作用 準備中

※相談・検査・診断・治療までの標準料金

ハイブリッド矯正

標準料金 ¥900,000 ~ ¥1,200,000
治療期間 1年~3年
治療回数 12~36回
リスク/副作用 準備中

※相談・検査・診断・治療までの標準料金

部分矯正

標準料金 ¥150,000 ~ ¥650,000
治療期間 6ヵ月~3年
治療回数 6~36回
リスク/副作用 準備中

※相談・検査・診断・治療までの標準料金

保定期間

標準料金 ¥6,000
治療期間 1年
治療回数 6回

※相談・検査・診断・治療までの標準料金