ホワイトニング

歯の『ホワイトニング』とは?

ホワイトニングとは元々ご自分の歯の色を白く明るくする方法です。
歯のクリーニングと混同されることがありますが、クリーニングは歯に付着した歯垢や歯石、着色を取り、歯本来の状態に戻すことを言います。
ホワイトニングにはオフィスホワイトニングとホームホワイトニング、また二つを組み合わせたデユアルホームホワイトニングという方法があります。

オフィスホワイトニング

歯科医院で歯科医師の管理下のもと行う方法で、通院型のホワイトニングのことを言います。
1回〜数回の通院が必要です。一般的に歯の表面に薬剤を塗り、光を当たることによって薬剤を塗り、光を当たることによって薬剤が活性化し歯を白くしますが、光を当てないタイプの薬剤もあります。ホームホワイトニングで使うよりも濃度の高いジェルを歯に塗り、レーザーを当て化学反応を起こし歯を白くします。ジェルの濃さやレーザーの料により多少前後しますが、30分〜1時間ほどで効果が分かる程歯の白さが変わります。良く口をゆすいだ後、耐酸性を高めむし歯などにかかりにくくするために、歯の表面にフッ素を塗布して治療は終了です。

ホームホワイトニング

自宅で行う方法で、マウスピースに専用の薬剤を入れて使用します。歯科医院では歯型を取ってマウスピースを作り、専用の薬剤を処方されます。お休みの時間や、お好きな時間にご自身専用のマウストレーを使い専用のホワイトニングジェルを歯に装着して、歯を白くしていきます。1〜2週間の間、毎日1日2時間以上これを続けます。1日の装着時間により効果は変わりますが、早い方ですと1週間程で効果があらわれます。専用マウストレーは、使用後に洗浄して清潔に保管して下さい。
大変手軽に出来ますが、持続効果も高く歯に与えるダメージも少ない方法です。